日雇いバイト 稼げるポータルサイト



東京・大阪・名古屋・京都・神戸・福岡・沖縄・山形・横浜・千葉・埼玉・・・全国つづ浦々

本文へジャンプ

試験監督のバイト



模擬試験などの試験監督のアルバイトは、様々な種類の試験が対象です。

例えば塾や予備校が行なう模擬試験から、TOEICのような資格試験まであります。

また、試験監督の仕事というのは、試験会場の設営・受付業務・試験実施・監督・誘導な
どがあり、それぞれ分担制になっていますので、単純に試験時間中の監督だけというわ
けではありません。


試験監督の仕事といいますと、問題用紙の配布や回収、受験者数のチェックなどです。
それぞれの業務は簡単なものですが、カンニングなどの不正発見、受験票の本人確認
など、正確さと厳正さが求められますので緊張感をもってできる人でなければいけませ
ん。


試験監督、補助スタッフのバイトは、基本的には登録制が多く、短期のアルバイトとして
出来るので、副業としても十分可能なお仕事です。

当然服装もスーツ着用で、茶髪は基本的に不可です。
一般に賃金は時給 1,100円以上ですが、労働時間は短いです。


応募する方法としては、試験監督のアルバイトは、試験主催者が直接募集するものと、人
材派遣会社が募集するものがありますので、それぞれのチャンネルでよくチェックしなけれ
ばいけません。


直接募集の場合、試験前に募集広告が出ます。
派遣会社の場合は面接試験のあと登録になります。
またアルバイト情報誌の求人募集もチェックしましょう。

しかし何といっても、試験監督の仕事はそれなりの信用が必要です。
例えば出身校の試験監督というように、コネクションをたぐってみるのも一つの手です。


資格試験の試験監督は、1〜2日の試験日だけ働ける楽な超短期バイトの定番です。

一般に資格試験のほとんどは土日に開催されますので、登録制などでサラリーマンの
副業・アルバイトに行う人が多いそうです。賃金は一般に日給6,000円〜8,000円程度です。


ただ、テストの内容や時間によっては6000円から15000円/日までの高収入が期待でき
るケースもあるようです。


仕事内容は、会場の準備から始まって、受付、試験進行と試験監督ということになります。


試験監督のバイトは、アルバイト情報誌はもちろん、全国紙の求人欄、アルバイトサイトや
人材派遣系のサイトでも求人が登録されています。

ただし、年中募集がでるわけではありません。

募集が多くなるシーズンというものがあり、例年6月末から7月にかけて募集が多くなります。
資格試験は7〜8月に多くなるからです。


また、賃金重視の場合は、資格試験の周辺業務を探すという手があります。

例えば、会場でプラカードを持っている案内係から受験生に資格講座のチラシを配布したり
するスタッフなどもあるとのことです。


なお、周辺業務で時給がいいといわれているのが「アンケートスタッフ」です。

試験会場で、受験生に対し、簡単なアンケートを実施(資格講座の勧誘)する仕事です。
実働5時間程度で日給1万円+褒賞金といわれていますので、土日に稼ぎたい人には狙い
目かもしれません。

   

Copyright c 2008 by 日雇いバイト・稼げるポータルサイト All rights reserved